『とりのね』のこと

2019/06/01

マナーズサウンドについて

20180831153822.jpg

マナーズサウンド音響振動療法』とは、イギリスの医師で医学博士のDr.ピーター・ガイ・マナーズ博士が医療目的で開発した音響療法のことです。

 

人体の各臓器や器官・組織などの細胞が、健康な時に発している固有周波数を再現した特殊音響を『マナーズサウンド』と言います。

その種類は全身をくまなく網羅するほど多種にわたり、骨や血管、皮膚、臓器、神経などの細胞組織の他にもオーラやチャクラ、メンタル系なども含め、4000種類もの音が解明されています。

 

この『マナーズサウンド』を身体の不調箇所に聴かせると、その部分の細胞は『マナーズサウンド』の周波数に引っ張られるように同調し『共振・共鳴現象』を起こします。それに伴い身体は本来の健康体へと戻っていく…というのが『マナーズサウンド音響振動療法』です。

 

弱っている細胞に元気な細胞の音を聴かせ、お互いが共振・共鳴することにより自然治癒力高まります。